更年期障害を防ぐためにも女性ホルモンを増やす方法を知ろう

これだけで栄養が摂れる

ミドリムシとも言われるユーグレナは5億年以上前から地球上に存在する単細胞生物です。動物と植物の栄養素併せ持ち、その上食物繊維と同様の特徴もあるので、栄養補給だけではなく、便秘解消にも効果があるようです。サプリメントはカプセル状だけではなく、粉末状で水に溶かして飲むものも販売されています。

脂肪を減らす

ぽっこりと出てしまったお腹を気にする中高年の方が増えてきています。そんな人に最適なのがラクトフェリンです。ラクトフェリンは、免疫力の向上だけでなく、内臓の脂肪を減らしてくれる働きもあるのです。摂取する際は、ライオンのラクトフェリンが適しています。購入する際には、口コミなどを参考にするとよいでしょう。

正しいサプリの摂取の仕方

悩む女性

生理リズムに合わせる

加齢による女性ホルモン・エストロゲンの低下をカバーできるのが、エストロゲン系のサプリメントです。エストロゲンは加齢以外にもストレスや睡眠不足や栄養不足などでも減少します。そうすると20代で更年期障害になったり、抜け毛がひどくなったりします。もしもエストロゲンが低下しているようなら、サプリメントで補うのがお勧めの女性ホルモンを増やす方法です。エストロゲンで女性ホルモンを増やす方法ですが、サプリメントは卵胞期に飲むことが大切です。卵胞期は月経の終わりから2週間位の間を指します。その時期はエストロゲンが優位になるので、サプリメントで弱体化したエストロゲンを補強できます。月経から2週間を過ぎた排卵日の後にあるがプロゲステロンが増える黄体期です。黄体期はプロゲステロンを増やすサプリを飲むのが、効果的な女性ホルモンを増やす方法です。そうすればエストロゲンとプロゲステロンのバランスがうまく整い、女性ホルモンが正常に機能します。それが更年期障害の緩和や美肌維持やダイエットにもつながります。飲み合わせが悪いと女性ホルモンのバランスが乱れ、マイナスになるので注意が必要です。エストロゲン系のサプリメントにはイソフラボンやマカやローヤルゼリーなどがあります。プロゲステロン系のサプリメントはチェストツリーやワイルドヤムなどです。これらのサプリメントを生理リズムに合わせて上手く摂取するのが、手軽に女性ホルモンを増やす方法といえます。

おすすめのダイエット法

ダイエット効果が期待できるすっぽんもろみ酢サプリは、食後に摂取すると体に吸収されやすくなります。また運動する1時間前に摂取すると脂肪を燃焼する効率が良くなり、就寝前に摂取すると疲労回復効果が高まります。